面接官に本気をぶつけてみよう

就活に役立ちそうだということで様々なことにチャレンジする学生は多いでしょう。例えば、ボランティア活動に参加してみたり、語学留学したり、さらには様々な業種バイトを経験したり、クラブ活動に精を出したりするのが一般的かもしれません。しかし、よくある問題点としては、そういった活動に対して本気で向き合っていないため、しっかりした経験にならず、結果的には就活対策としても中途半端に終わってしまうことでしょう。もちろん学生としての本分がありますから、自分の時間のすべてをそういった活動に投入できないのは当然です。それでも中途半端に終わらせないためにはどうしたらいいでしょう。対策は心構えを変えることかもしれません。最終的には就活に役立つことが目的であったとしても、それぞれの活動に参加している間は、その目的は一旦忘れた方がいいのではないでしょうか。ボランティア活動であれば、本気で対象となっている人を助けようと思うこと、バイトであれば本気でお客さんに満足してもらおうと努力することが大切になってきます。また、問題点を解決することでその人のスキルアップにも繋がっていくのです。そういった心構えで臨む事で初めて理解できることがあるでしょうし、それがその人の糧となるはずです。就職に役立つために腰掛けでやっているという意識があれば、その活動にも微妙に影を落とすでしょう。心構えから変えていくことが大切です。本気で取り組んだことであれば、面接でも自信を持って答えられ面接官にもしっかり伝わるはずです。