社会経験は積んでおこう

学生の本分といえば勉強ですが、大学生などこれから社会に出る時期が近くなった人たちには社会経験も重要な勉強と言えます。それまでは学校という狭い範囲で生徒と先生という関係性の中で生活をしてきましたが、社会に出るとなるとそれ相応のマナーや言葉遣い、人間関係の構築、多様なコミュニケーションの取り方など、色々な要素を身につけていかなければなりません。それは学校の座学だけで網羅することは難しいと言えます。そのため、学生のうちから社会経験をつむことは、就活やひいては社会に出てからの役に立つと考えられます。学生にとって身近な社会経験と言えば、バイトです。大学生ともなると、年齢的にも色々なバイトをすることが出来ます。コンビニエンスストアやスーパーなどの品出しやレジ作業だけでなく、休日のイベント設営や塾講師や家庭教師なども定番です。バイトとはいえ、お金をもらって仕事をするわけですから、最低限の社会人としてのルールが求められます。時間を守ること、何かあった際は必ず報告・連絡・相談をすること、適切な言葉遣いで相手に不快感を与えないような身だしなみをすることなど、社会人としての基本的なルールを学ぶことが出来ます。こうした基礎的な部分も、就活には十分役立ちます。上司などの目上の人とのコミュニケーションなどは、バイトを経験しなければなかなか知ることが出来ません。面接のときになって急にうまくやるのは難しいものですから、こうした経験を持つことも大切ですね。あなたがバイトを通じて得たものを面接官にアピールしましょう。あなたの自己表現力を面接官はしっかりと見ていますよ。就活までに時間がある方は、自分が成長できるバイトにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です